ルアー紹介ソフトルアー(ワーム)

ハマグラブ/常吉(Tsunekichi、つねきち)【使い方&チューニング方法】

ルアー紹介

常吉リグやハンハンジグなど、現在のバスフィッシングにおいて、無くてはならない「釣れるリグ」を世に広めた村上晴彦氏。

彼が常吉時代に生み出したワームやプラグなどの作品は、今でもファンから復活を待ち望む声があるほどの人気のルアーです。

この記事では、そんな魅力あふれる村上晴彦氏の「ハマグラブ」を初めて知った方や、使ったことのない方、購入を検討している方に向けてご紹介していきます。

ハマグラブ

ハマグラブは、常吉(つねきち)から発売されていた「グラブ」系のワームです。

「浜からジグヘッドでグラブを操作する」というコンセプトで村上晴彦氏によって生み出されました。

現在は、残念ながら廃盤になってしまったワームなので中古で入手するしかありません。

ハマグラブの特徴

ハマグラブ本体

ボディのデザイン

ボディは、アクションと飛距離を両立させるために、ワームの前方から後方へテーパーしたデザインとなっています。
頭がファットな形状のため、キャスト時の姿勢が安定します。
さらに、テールで発生したアクションがヘッドまで伝わることで、ボディ全体がロールするようになっています。

テールのデザイン

テールで発生したアクションを効率よくボディ全体に伝えるための工夫がテールに施されています。
テールの内側が厚く、外側が薄くデザインされています。
その厚い内側の部分を支柱にしてテールがアクションします。
薄型のテールによって、スローからファストリトリーブまでのあらゆるアクションに滞欧可能なワームです。

ハマグラブの使い方

ハマグラブセッティング例

開発コンセプトであるジグヘッドリグを基本として、ノーシンカーリグ、テキサスリグ、ラバージグのトレーラーなどの幅広いリグに対応可能なワームです。

ハマグラブのために開発された「ハマグラビンリグ」もオススメです。

ハマグラブのチューニング方法

公式サイトでも紹介されているチューニング方法をご紹介します。
このチューニングは、テールの支柱となっている内側の肉厚な部分を取り払います。
それによって、少ない水流でもピリピリとしたアクションが出せます。

ノーマルの状態

ノーマルの状態

これがノーマルの状態です。

内側に切れ込みを入れる

内側に切れ込みを入れる

テール内側の肉厚部分を切り離すための切り込みを入れます。
加工にはカッターナイフの使用をオススメします。
カーリー部分を多く残したい場合は、残したい位置に刃を当てます。
そして、刃の延長線上に支柱部分が来るようにワームを引っ張りながら動かします。

完成!

完成!

付け根の部分でカットしたら完成です。

中古で探すときのポイント

ハマグラブパッケージ

確認できただけでも、パッケージは3種類存在します。

白と青を基調としたもの、黄色×黒を基調としたもの、茶色を基調とした画像のものです。

どのパッケージにも、モデル名が入っているので、判別は簡単だと思います。
パッケージ無しの場合は、テールの付け根部分にメーカーロゴが入っているので注目してみてください。

タイトルとURLをコピーしました