オススメ記事自作系記事

ギルフラットセット/一誠・issei(いっせい)が売ってないのでキーパーを自作した!【必要なもの&作り方紹介】

オススメ記事

ギルフラットセットが全然売ってない!!

キーパーだけ欲しいのに手に入らない!!

それなら作るしかない!ということで自作してみました。

一誠のYouTubeを参考にしながら試行錯誤した結果、納得いくものができたので作り方を紹介したいと思います。

ギルフラットとギルフラットジュニアでキーパーのサイズも異なるのでそれぞれ作れるように解説しています。

自作を考えている方の参考になれば幸いです。

用意するもの

材料

ステンレス軸棒500mm(線径1.0mm)×1

ステンレス軸棒500mm(線径1.0mm)

引用元:https://www.katsuichi.co.jp/ikacra/products/1266-ic-11

ヤエン自作用に釣具屋で販売されているものを流用しました。いわゆる「ばね材」です。
ホームセンターや100円ショップで販売されている針金とは違うので要注意です。

熱収縮パイプ3号(内径3.6mm)×1

熱収縮パイプ3号(内径3.6mm)

引用元:https://www.sasame.co.jp/products/2971/

ワームが千切れてもフックキーパーを無くさないようにするために取り付けます。

道具

ペンチ

ペンチ

引用元:https://jp.daisonet.com/collections/tools0208/products/4549131714074

ワイヤーを曲げるのに必要です。
切断するときにも使用します。

先丸ペンチ

先丸ペンチ

引用元:https://jp.daisonet.com/collections/tools0208/products/4550480202563

下記の手順1で使用します。
ワイヤーを曲げるのに必要です。
100円ショップで購入することもできますが、品切れや在庫が無いことが多い気がします。
100円ショップでは、工具コーナーでなく手芸コーナーで見かけることが多いです。

作り方

手順1 先丸ペンチを使って曲げる

先丸ペンチを使って曲げる

ギルフラット用は30mm、ギルフラットジュニア用は25mmの位置を先丸ペンチで挟んで曲げます。

手順2 ペンチを使って切断する

ペンチを使って切断する

U字になるように画像のような位置で切断します。

ペンチを使って切断する2

↑こんな感じで切断できていればOKです。

手順3 作りたいサイズに合わせてペンチで挟む

ペンチの厚みが約10mm

ペンチの厚みが約10mmなのでこれを利用します。

作りたいサイズに合わせてペンチで挟む

↑ギルフラット用は画像のように5mm程度出してペンチで掴みます。

ギルフラットジュニア用

↑ギルフラットジュニア用は画像のように挟みます。

手順4 約45度曲げる

約45度曲げる

2本飛び出した足側を指で押さえて45度くらい曲げます。

約45度曲げる完成

↑こんな感じになっていればOKです。

手順5 ワームに刺す足の部分を作る

ペンチで挟む

手順4で曲げた位置をペンチで挟みます。
足のように飛び出した部分を、机などの堅い部分に押し当てて90度曲げます。

このようになっていればOKです。

↑このようになっていればOKです。

手順6 収縮チューブを付けて完成!

収縮チューブを付けて完成!

10mmに切った収縮チューブをかぶせてライターなどで炙って完成です。

それぞれのキーパーをセッティングした状態のギルフラット親子です。

過去に自作した記事

幅広タイプメジャーの収納ケース自作してみた【必要なもの&作り方】

超小型アラバマを自作してみた!【必要なもの&作り方紹介】

タイトルとURLをコピーしました