ハードルアー(プラグ)ルアー紹介スピナーベイト

G.C.クルコマ/一誠(issei、いっせい)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、一誠のG.C.クルコマを紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

G.C.クルコマ

G.C.クルコマの釣果写真

G.C.クルコマは、一誠(いっせい)から発売されている「スピナーベイト」です。

8gと13gの2種類がラインナップされています。

G.C.クルコマ(8g)のスペック

ジャンル

ジャンルは「スピナーベイト」です。

重量

重量は8g(公式情報)です。
実測では12.6gです。

ブレードタイプ

ダブルウィロータイプのみラインナップされています。

ワイヤーの線径

アームのワイヤー線径は0.68mmです。

スペック表

G.C.クルコマ(8g)のスペックを以下の表にまとめてみました。

ジャンル重量(公式)重量(実測)ブレードタイプ線径
スピナべ8g12.6gダブルウィロー0.68mm
クルコマ8gのスペック表

G.C.クルコマ(13g)

ジャンル

ジャンルは「スピナーベイト」です。

重量

重量は13g(公式情報)です。
実測では18.3gです。

ブレードタイプ

ダブルウィロータイプのみラインナップされています。

ワイヤーの線径

アームのワイヤー線径は0.68mmです。

スペック表

G.C.クルコマ(13g)のスペックを以下の表にまとめてみました。

ジャンル重量(公式)重量(実測)ブレードタイプ線径
スピナべ13g18.3gダブルウィロー0.68mm
クルコマ13gのスペック表

G.C.クルコマの特徴

『来るもの拒まず』なコンパクトボディ

スピナーベイトの特徴である高いアピール力と、どんなサイズの魚でも口を使わせてしまうコンパクトなシルエットが共存しているルアーです。
クルコマ=来るもの拒まず の名前通り、大きいバスから小さいバスまで選ばずに釣ることが可能です。

G.C.クルコマの使い方

G.C.クルコマは、ステディリトリーブ(ただ巻き)がオススメです。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方です。 巻いている中のどこかでバイトが得られます。 着水後に浮いていて、巻くと潜るタイプのルアーであれば、ルアーの設定された水深を泳いできます。 着水後に沈んでいくタイプのルアーは、沈める時間によって任意のレンジを泳がせることができます。 ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。 ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い) ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度) スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

G.C.クルコマのインプレッション

コンパクトなサイズ感ですが、しっかりと飛距離が出せます。
クルコマの由来である「来るもの拒まず」の名の通りサイズ問わず反応してくれるルアーです。

どちらのサイズも重量が実測で10g超えなのでベイトタックルで使用できるのも魅力です。

中古で探すときのポイント

ブレード

中古で探すときは、ブレードの刻印を確認してください。
画像のようにメーカー名が刻印されています。

スナップ派の方にオススメアイテム紹介

メーカー公式ページ

タイトルとURLをコピーしました