ハードルアー(プラグ)ルアー紹介クランクベイト

クラフト/EVERGREEN(エバーグリーン)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、EVERGREEN(エバーグリーン)のクラフトのスペックや使い方、インプレッションを紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

クラフト

クラフトは、EVERGREEN(エバーグリーン)より発売されている「クランクベイト」です。

EVERGREEN(エバーグリーン)の中でも、FACT(ファクト)というブランドから発売されています。

FACT(ファクト)は、JBワールドチャンピオン、JBバスアングラーオブザイヤー、JBクラシックウィナーというビッグタイトルをはじめ、数々の優勝を手にしてきた福島健プロが、ただ純粋に釣るという目的のためにつくりあげた究極の道具達を発売しているブランドです。

クラフトのスペック

メーカー

メーカーは、EVERGREEN(エバーグリーン)です。

他のEVERGREEN(エバーグリーン)のルアー紹介はこちらから

ジャンル

ジャンルは、クランクベイトです。

他のクランクベイトの紹介はこちらから

全長

全長は、47.0mmです。

重量

公式重量は、6.5g(≒1/4oz)です。

実測重量は、6.5g(誤差±0.2g)です。
※フックとスプリットリングは交換しています。

フックサイズ

公式フックサイズは、フロント(F)フックに#8、リアフック(R)に#8が搭載されています。

カラー

#602 ビッグバイトチャート

所持しているクラフトです。
カラーの参考にしてください。

スペック表

クラフトのスペックを以下の表にまとめてみました。

メーカージャンル全長重量(公式)重量(実測)フックサイズ
EVERGREEN
(エバーグリーン)
クランクベイト47.0mm6.5g
≒1/4oz
6.5g
(誤差±0.2g)
F:#8
R:#8
クラフトのスペック表

クラフトの特徴

フラットバック(扁平ヘッド)

ヘッドからバックにかけてフラット化し、アクション時に適度な水の抵抗を受けるよう設計。
基盤リップにより生み出されるキレのあるアクションに、より一層のキレ味を与えます。
また、フラットな背面と側面のコントラストにより、フラットサイドクランクのようなメリハリのある明滅効果も生み出します。

引用元:https://www.evergreen-fishing.com/goods_list/Craft.html

ファットボディ&ファットテール 

大きすぎず小さすぎずの釣るための絶妙なサイズ感、コンパクトながらもボリュームのあるファットボディ。
タイニークランクベイトの弱点でもあった浮力を確保し根掛かり回避性能がアップ。
また、テールの先端までファット形状を保ったデザイン、かつリアアイの位置を考慮した最適設計によりウエイトがボディ最後部まで移動。
重心移動システムのメリットを最大限に生かすことができます。

引用元:https://www.evergreen-fishing.com/goods_list/Craft.html

マグネット重心移動システム 

キャスト時にはウエイトがボディ最後部まで移動する最適設計により、コンパクトながらもベイトタックルで十分な飛距離とアキュラシーを実現。
さらに、着水直後にはウエイトがマグネットにより固定され、抜群の立ち上がりの早さを約束。
もちろん、ポーズ後やカバーヒット後のアクションレスポンスにも優れます。
また、ウエイト固定によりアクションが安定し、根掛かり回避力もアップ。

引用元:https://www.evergreen-fishing.com/goods_list/Craft.html

軽量・薄型基盤リップ

扁平ヘッド、マグネット固定式の重心移動システムと相まって、立ち上がりの早さと超ハイピッチローリングアクションを実現する軽量・薄型基盤リップ。リトリーブ直後からキレキレのアクションを発生させると同時に、福島が求めた「釣れる引き感」を実現。さらには、カバーヒット時の感度も良好。

引用元:https://www.evergreen-fishing.com/goods_list/Craft.html

クラフトの使い方

クラフトは、ステディリトリーブ(ただ巻き)やストップ&ゴーがオススメです。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方のことです。

巻いている中のどこかでバイトが得られます。

クラフトであれば、設定された水深を泳いできます。

ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
・ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
・ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
・スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

ストップ&ゴー

ストップ&ゴーとは、リールを数回転巻いて止める、巻いて止めるの繰り返しでルアーをアクションさせる使い方のことです。

止めた時や動き出しの時にバイトが出ることが多いです。

巻く回数が多ければ、進む距離が長くなり、巻く回数が少なければ、進む距離は短くなります。
止める時間、巻く回数は適宜決めます。

クラフトであれば、止めた時に浮いてきます。

クラフトのインプレッション

「自然界で生きていくために、小さい生物は動きが素早いことが多い。
だから、このサイズのクランクで瞬発力のある素早い動きを出せば、捕食する側のバスの潜在意識に訴えかけることができる」と主張する福島。

引用元:https://www.evergreen-fishing.com/goods_list/Craft.html

バスではないものの、画像のニゴイが食ってきたときも、引用文のような感じでした。
目の前をハイピッチで通過させたときに、猛烈に追いかけてきて食ってきました。

小型なボディながら重心移動によってしっかりと飛距離が出せて、狙ったところに投げられます。
さらに、高速で巻いても破綻しません。

なぜか、釣具屋で叩き売りされているところを見かけるので、機会があればぜひ手にしていただきたいルアーです。

中古で探すときのポイント

中古で探すときは、ルアーの背部を確認してください。
消えかけていますが、ルアー名がプリントされています。

中古ルアーを買った際にオススメの交換フック

汚れたルアーを綺麗に復活させる方法

メーカー公式URL

タイトルとURLをコピーしました