ハードルアー(プラグ)ルアー紹介バイブレーション

LV-0/Lucky Craft(ラッキークラフト)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、ラッキークラフトのLV-0を紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

LV-0

LV-0本体

LV-0は、1997年7月からラッキークラフトより発売されている「バイブレーションプラグ」です。

下野正希氏がアメリカのトーナメントに参戦した際の「遠投できて水面直下を引けるプラグが欲しい」という思いから生まれたプラグです。

LV-0のスペック

ジャンル

ジャンルは「バイブレーション」です。

全長

全長は68mmです。

重量

重量は14.5g(公式情報)です。
実測では14.7gです。
※フックとスプリットリングは交換しています。

フックサイズ

フックサイズは前が#6後ろは#8が標準で搭載されています。

スペック表

ジャンル全長重量(公式)重量(実測)フックサイズ
バイブレーション68mm14.5g14.7g前:#6、後:#8
LV-0のスペック表

LV-0の特徴

リップの付いたバイブレーション

リップのアップ画像

LV-0の最大の特徴は、リップが付いているということです。
見た目のインパクトと違和感もさることながら、文字にすると「リップ付きリップレスクランクベイト」ということになるので、すごく違和感があります。

しかし、このリップにはしっかりとした役割があります。
シンキングバイブレーションでありながら、リトリーブを始めると水面に向かって浮き上がってきます。
リップを沈ませるためでなく、浮かび上がらせるために使うという逆転の発想が形になったルアーです。

さらに、リップによって障害物の回避能力も高められています。

村上晴彦氏も信頼していたルアー

村上晴彦氏が過去に使用していたという記事があります。

LV-0の使い方

LV-0は、ステディリトリーブ(ただ巻き)がオススメです。
着水と同時にリトリーブを開始すると、水面下10~30cmを簡単にキープすることができます。
そこからリトリーブスピードを上げると、テールが水面ギリギリでアクションし後ろにモコモコと引き波が出始めます。
さらにLV-0は、水面からボディの半分を出してバズベイトのようにガバガバと強いサウンドと泡を立てながらリトリーブすることもできます。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方です。
巻いている中のどこかでバイトが得られます。
着水後に浮いていて、巻くと潜るタイプのルアーであれば、ルアーの設定された水深を泳いできます。
着水後に沈んでいくタイプのルアーは、沈める時間によって任意のレンジを泳がせることができます。
ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

LV-0のインプレッション

奇天烈なルアーにも見えますが、他にはない面白いルアーです。
一般的なバイブレーションでは攻略不可能なレンジを確実に引くことができます。
替えが効かない系ルアーと言えると思います。

ただ、どうしても見た目に違和感がありますし、手に入れて釣るまでにいくつかの壁を超える必要があるかもしれません(笑)

中古で探すときのポイント

LV-0腹部

中古で探すときは、ルアーの腹部を確認してください。
画像のようにルアー名がプリントされています。
ただし、リップがあまりにも特徴的なので、腹部を確認する必要はないかもしれません。

中古ルアーを買った際に、オススメの交換フック

メーカー公式ページ

タイトルとURLをコピーしました