ハードルアー(プラグ)ルアー紹介クローラーベイト

デカダンストーイ/quiet funk(クワイエットファンク)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、quiet funk(クワイエットファンク)のデカダンストーイのスペックや使い方、インプレッションを紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

デカダンストーイ

デカダンストーイは、1997年からquiet funk(クワイエットファンク)より発売されている「クローラーベイト」です。

デカダンストーイのスペック

メーカー

メーカーは、quiet funk(クワイエットファンク)です。

他のquiet funk(クワイエットファンク)のルアー紹介はこちらから

ジャンル

ジャンルは、クローラーベイトです。

他のクローラーベイトの紹介はこちらから

全長

全長は、65.0mmです。

重量

公式重量は、18.0g(≒5/8oz)です。

実測重量は、16.6g(誤差±0.2g)です。
※フックとスプリットリングは交換しています。

フックサイズ

公式フックサイズは、不明です。

個人的には、フロント(F)フックに#8、リアフック(R)に#8を使用しています。

カラー

RB

所持しているデカダンストーイです。
カラーの参考にしてください。

スペック表

デカダンストーイのスペックを以下の表にまとめてみました。

メーカージャンル全長重量(公式)重量(実測)フックサイズ
クワイエットファンククローラー65.0mm18.0g
(≒5/8oz)
16.6g
(誤差±0.2g)
不明
デカダンストーイのスペック表

デカダンストーイの特徴

ボディ素材

デカダンストーイは、発泡素材でできていますが、それ以外にも素材が3種類存在しています。

ルアー名の後ろにつく言葉で、素材も確認することができます。

トーイは、発泡素材モデル。フィーは、プラスチックモデル。ヴィーは、ウッドモデルです。

デカダンストーイの使い方

デカダンストーイは、ステディリトリーブ(ただ巻き)がオススメです。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方のことです。

巻いている中のどこかでバイトが得られます。

デカダンストーイであれば、水面を泳いできます。

ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
・ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
・ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
・スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

デカダンストーイのインプレッション

様々なメディアやプロが紹介しているルアーなので有名だと思います。

ファンシーな見た目でおもちゃ的な造形と、セミを模したリアルさが混在した見た目がとてもかっこいいルアーだと思います。

クレイジーク〇ーラーとは違って、購入してからチューンの必要も無く、すぐに万全の状態で使えるところも魅力的です。

流行りのデッドスロー系ではありませんが、昔からあるクローラーベイト系の1つの完成形だと思います。

中古で探すときのポイント

中古で探すときは、ルアーの背部を確認してください。
ルアー名がプリントされています。

羽にもメーカーの刻印があるので、あわせて確認してください。

中古ルアーを買った際にオススメの交換フック

汚れたルアーを綺麗に復活させる方法

タイトルとURLをコピーしました