ハードルアー(プラグ)ルアー紹介クランクベイト

G.C.クランク42MR/一誠(issei、いっせい)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、一誠(issei、いっせい)のG.C.クランク42MRを紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

G.C.クランク42MR

G.C.クランク42MR本体

G.C.クランク42MRは、2023年5月19日から一誠(issei、いっせい)より発売となった「クランクベイト」です。

初代G.C.クランク(G.C.クランク56MR)のボディとリップを新設計したモデルです。

G.C.クランク42MRのスペック

メーカー

メーカーは、一誠(issei、いっせい)です。

他の一誠(issei、いっせい)のルアー紹介はこちらから

ジャンル

ジャンルは、クランクベイトです。

他のジャンルの紹介はこちらから

全長

全長は42mmです。

重量

重量は6.0g(公式情報)です。
実測では5.9gです。※フックとスプリットリングは交換しています。

フックサイズ

フックは前後とも#8が標準で搭載されています。

スペック表

G.C.クランク42MRのスペックを以下の表にまとめてみました。

メーカージャンル全長重量(公式)重量(実測)フックサイズ
一誠クランクベイト42mm6.0g5.9g前後:#8
G.C.クランク42MRのスペック表

G.C.クランク42MRの特徴

超ハイピッチアクション

G.C.クランク42MRは、超ハイピッチでワイドなアクションが特徴的です。

G.C.クランク42MRの使い方

G.C.クランク42MRは、ステディリトリーブ(ただ巻き)やストップ&ゴーがオススメです。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方です。
巻いている中のどこかでバイトが得られます。
着水後に浮いていて、巻くと潜るタイプのルアーであれば、設定された水深を泳いできます。
着水後に沈んでいくタイプのルアーは、沈める時間によって任意のレンジを泳がせることができます。

ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
・ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
・ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
・スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

ストップ&ゴー

ストップ&ゴーとは、リールを数回転巻いて止める、巻いて止めるの繰り返しでルアーをアクションさせる使い方です。
止めた時や動き出しの時にバイトが出ることが多いです。止める時間、巻く回数は適宜決めます。
巻く回数が多ければ、進む距離が長くなり、巻く回数が少なければ、進む距離は短くなります。
・フローティングタイプであれば、止めた時に浮いてきます。
・サスペンドタイプであれば、止めた時に水中で止まります。
・シンキングタイプであれば、止めた時に沈みます。

G.C.クランク42MRのインプレッション

見た目も、ハイピッチなアクションも常吉のマゴハマ47MRに近いものを感じます。
マゴハマ47MRに比べるとより飛ぶので使いやすいです。

中古で探すときのポイント

G.C.クランク42MR背面

中古で探すときは、ルアーの背部を確認してください。
ルアー名がプリントされています。

中古ルアーを買った際に、オススメの交換フック

メーカー公式ページ

タイトルとURLをコピーしました