オススメ記事自作系記事

フラットボーンクリッカーをVテールに改造してみた【必要なもの&改造手順紹介】

オススメ記事

フラットボーンクリッカーのテールをタイニークラッシュ用のVテールへ交換する改造をしました。

この記事では、フラットボーンクリッカーにタイニークラッシュのVテールを取り付ける改造の手順や必要なものを解説しています。

フラットボーンクリッカーのテールでお悩みの方の役に立てば幸いです。

フラットボーンクリッカー

フラットボーンクリッカーは、ジャッカルから発売されていたルアーです。
ブラストボーンの元になったということで、ご存じの方もいるかもしれません。

フラットボーンクリッカーは、すでに廃盤のルアーなので入手方法は中古に限られると思います。

しかし、そこで1つ問題があります。

テールがワーム素材で作られていることによって、変形している場合や、無くなっていることが多いです。
古いルアーなので、もちろんテールのスペアパーツも入手困難です。

そこで、純正ではないテールを装着することにしました。

改造前の状態

改造前のフラットボーンクリッカーです。
中古で入手した時点で、テールが千切れていたので取り外していました。

代わりのテールをつけたくて色々と考えたのですが、この大きな溝に適合するテールは他メーカーのものを含めても見つけられませんでした。

それなら、無理やり取り付けるしかないという結論に至りました

テールの選定

無理やり取り付けるなら、どんなテールでも使用できるので選択肢が一気に広がります。

今回は、ボディやルアー全体のバランスを考えてタイニークラッシュのVテールを使うことにしました。

完成イメージ

作業に取り掛かる前に、イメージをしておきます。

この大きな隙間を埋めて、テールを装着することがこの改造の目的です。

用意するもの

材料

プラ用エポキシパテ×1

テール部分の隙間を埋めるために使用します。

この改造の肝です。

タイニークラッシュ用Vテール×1

交換用として発売されているタイニークラッシュのVテールです。

フラットボーンクリッカーのボディにマッチしそうな、細長いテールはVテールしか思いつきませんでした。

作業手順

手順1 フックを外す

安全のために、フックは外しておきます。

手順2 パテの切り出し

パテを必要な分だけカッターで切り出します。

引用元:https://www.cemedine.co.jp/home/repair/epoxyputty/epoxyputty_plastic.html

断面は、こんな感じになっています。

手順3 パテをコネコネ

青い部分と白い部分を手でコネコネして混ぜ合わせていきます。
色にムラがなくなるまで頑張って混ぜてください。

引用元:https://www.cemedine.co.jp/home/repair/epoxyputty/epoxyputty_plastic.html

混ぜると灰色~白色くらいの色になります。

手順4 パテで埋めていく

今回使用したパテは、混ざってから60分で実用硬度に達するものなので急ぎます。

この大きな隙間にパテを詰めて、埋めていきます。
テールの位置ズレないように、慎重かつ大胆に、そしてスピーディーに作業します。

小さな凹みとボディ、テールにパテが被っている部分はありますが、ひとまずこれでテールとボディがいい感じでくっつきました。

小さな凹みとボディ、テールにパテが被っている部分は、硬化後に削って修正します。

手順5 硬化

硬化は、60分で実用硬度に達します。
やすりがけや塗装を行うには、24時間必要です。

今回は、硬化後に削って修正するので24時間放置します。
テールが歪まないように、ルアーを吊るして硬化を待ちました。

手順6 修正

上部分は、一か所だけ凹みが残ってしまいましたが、全体的に削って指紋を消しました。

下部分は、ボディより飛び出していた部分を削って滑らかにしました。

サイドは、ルアーとテールに被っていた部分を削りました。

完成

外していたフックを取り付けて完成です。

色を付けたほうが見栄えは良いと思いますが、これが限界です。
ボディとテールの見た目のバランスも悪くないと思います。

個人的には、満足のいく出来栄えです。

注意点

この改造では、テールをルアーと完全に固定してしまいます。
そのため、取り外しはできませんので、癖がつかないように保管は気を使ってください。

過去に自作した記事

幅広タイプメジャーの収納ケースを自作してみた【必要なもの&作り方紹介】

超小型アラバマを自作してみた!【必要なもの&作り方紹介】

ギルフラットセットが売ってないのでキーパーを自作した!【必要なもの&作り方紹介】

タイトルとURLをコピーしました