ハードルアー(プラグ)ルアー紹介クランクベイト

グリフォン 6cc/Megabass(メガバス)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、Megabass(メガバス)のグリフォン 6ccを紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

グリフォン 6cc

グリフォン 6ccは、Megabass(メガバス)より2009年から発売されていた「クランクベイト」です。

現在は、廃盤になっていると思われます。
中古でしか入手できないのが非常に残念です。

グリフォン 6ccのスペック

ジャンル

ジャンルは「クランクベイト」です。

全長

全長は50mmです。

重量

重量は10.5g(公式情報)です。
実測では9.1gです。
※フックとスプリットリングは交換しています。

フックサイズ

標準フックサイズは不明です。

スペック表

グリフォン 6ccのスペックを以下の表にまとめてみました。

ジャンル全長重量(公式)重量(実測) フックサイズ
クランクベイト50mm10.5g9.1g不明
グリフォン 6ccのスペック表

グリフォン 6ccの特徴

ヘッド形状

引用元:https://jp.megabassstore.jp/history-griffon/

GRIFFONのデメキンのようなボディ頭部の独特なヘッドデザインは、コンパクトクランクでありながら、水を大きくつかんで動かすためのもの。
シャロークランクなのに、大きな水流抵抗をリップとボディ頭部の両方でつかんでいますから、バランスを崩したヒラウチの直後、ディープクランク並みのバランスの立て直しの速さを誇ります。これはLIP IN BAITからの応用。
少々のゴミが引っ掛かっても泳ぎきってしまこともあるのです。

引用元:History of Megabass

リップ形状

引用元:https://jp.megabassstore.jp/history-griffon/

GRIFFONはヒラウチ時の横転角が従来標準的シャロークランクベイトよりもワイドに設計。
いたずらにリップを大きく、長く、厚くすることなく、シャローランナーとして適切な最小限のリップ面積で、ヒラウチの横転角がワイドになるよう、シャローボトム接触テストとストラクチャー回避テストから生まれたリップ形状。
フロントフックのスナッグレス効果にも一役買う、GRIFFONだけのオリジナル・リップです。

引用元:History of Megabass

グリフォン 6ccの使い方

グリフォン 6ccは、ステディリトリーブ(ただ巻き)やストップ&ゴーがオススメです。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方です。
巻いている中のどこかでバイトが得られます。
着水後に浮いていて、巻くと潜るタイプのルアーであれば、ルアーの設定された水深を泳いできます。
着水後に沈んでいくタイプのルアーは、沈める時間によって任意のレンジを泳がせることができます。
ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

ストップ&ゴー

ストップ&ゴーとは、リールを数回転巻いて止める、巻いて止めるの繰り返しでルアーをアクションさせる使い方です。
止めた時や動き出しの時にバイトが出ることが多いです。
止める時間、巻く回数は適宜決めます。
巻く回数が多ければ、進む距離が長くなり、巻く回数が少なければ、進む距離は短くなります。
フローティングタイプであれば、止めた時に浮いてきます。
サスペンドタイプであれば、止めた時に水中で止まります。
シンキングタイプであれば、止めた時に沈みます。

グリフォン 6ccのインプレッション

オリジナルグリフォンをさらに高浮力化してアクションにキレを持たせ、ハイピッチ化させたルアーです。
ボディサイズが大きくなったためなのかラトルサウンドも大きくなっています。

中古で探すときのポイント

中古で探すときは、ルアーの背部を確認してください。
ルアー名とメーカー名がプリントされています。

中古ルアーを買った際に、オススメの交換フック

メーカー公式ページ

タイトルとURLをコピーしました