まとめ記事

村上晴彦が過去に愛用していたクランクベイト4選をご紹介

まとめ記事

村上晴彦氏と言えば、現在のバス釣りにおいて超定番となっている「常吉リグ」や「ネコリグ」、「ハンハンジグ」などの生みの親として知られる方です。

柔軟な発想と豊富な経験、独自の視点から、現在もたくさんのルアーを生み出しています。

今では、一誠から自身の手掛けるルアーを発表し、そのルアーで釣りをしています。
しかし、それまでは一般のアングラーと同様に市販のルアーを使っていました。

あの村上晴彦氏が、どんな理由でどんなルアーを選んで使っていたのか気になる方も多いと思います。

そこで、この記事では村上晴彦氏が過去に愛用していたルアーをご紹介していきます。

村上晴彦が過去に愛用していたクランクベイト4選

ベビークランクSR/ラッキークラフト

湖のシャローエリアや野池などでバスを探すときに多用する小型クランクベイト。
なぜか良く釣れる。

引用:村上晴彦のつねきちバスワールド/村上晴彦著

サイズは、45mmでSRとMRがラインナップされています。
小粒なボディながら、重心移動が搭載されているので飛距離が出せるルアーです。
トラウトなどからも人気が高いです。

CB-50/ラッキークラフト

シャローエリアの広い範囲を手早くチェックするときに使うクランクベイト。
リップの穴をふさいでアクションを大きくしようとしたが、結果は大してかわらず、50cmほど深く潜るようになっただけだった。

引用:村上晴彦のつねきちバスワールド/村上晴彦著

CBシリーズは、たくさんのラインナップがあります。
その中で選ばれたのは、1mレンジを狙うCB-50です。
バイブレーションかと思うほどのたくさんのラトルが入っています。

モーグルクランク/バスデイ

愛用しているクランクベイトの中ではもっともよく飛ぶ製品。
細かいアクションが特徴。

引用:村上晴彦のつねきちバスワールド/村上晴彦著

DEEP-X100/メガバス

クランクベイトの中で最初に好きになった製品。
よく飛び、よく潜り、細かいアクションでよく泳ぐというというバランスのよい製品。
入手難が問題。

引用:村上晴彦のつねきちバスワールド/村上晴彦著

参考にした本

参考にした本

この記事は、1998年6月20日に株式会社枻(えい)出版社から初版が発行された村上晴彦著「村上晴彦のつねきちバスワールド」というムック本を参考にしております。

タイトルとURLをコピーしました