ハードルアー(プラグ)ルアー紹介クランクベイト

CB-50/Lucky Craft(ラッキークラフト)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、ラッキークラフトのCB-50を紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

CB-50

CB-50本体

CB-50は、1995年6月からラッキークラフトより発売されている「クランクベイト」です。

CB-50のスペック

ジャンル

ジャンルは「クランクベイト」です。

全長

全長は55mmです。
CBシリーズでは、2番目に小さいボディサイズです。

重量

重量は8.2gです。
実測では8.4gです。

フックサイズ

フックサイズは前が#8後ろは#6が標準で搭載されています。

スペック表

CB-50のスペックを以下の表にまとめてみました。

ジャンル全長重量(公式)重量(実測)フックサイズ
クランクベイト55mm8.2g8.4g前:#8、後:#6
CB-50のスペック表

CB-50の特徴

「ストリーム・ホール」

「ストリーム・ホール」

リップに空いた穴が「ストリーム・ホール」です。
これによって、リップに受ける水が少なくなり、潜りにくくなっています。

シャローエリアを攻略するために潜行深度を浅くしたい場合、リップの長さを短くすれば可能です。
しかし、それでは障害物回避能力が低下してしまいます。
そこで、リップに穴を開けることで障害物回避能力(リップの長さ)を確保しつつ、潜行深度を抑えることが可能となっています。

村上晴彦氏も信頼していたルアー

村上晴彦氏が過去に使用していたという記事があります。

CB-50の使い方

CB-50は、ステディリトリーブ(ただ巻き)やストップ&ゴーがオススメです。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方です。
巻いている中のどこかでバイトが得られます。
着水後に浮いていて、巻くと潜るタイプのルアーであれば、ルアーの設定された水深を泳いできます。
着水後に沈んでいくタイプのルアーは、沈める時間によって任意のレンジを泳がせることができます。
ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

ストップ&ゴー

ストップ&ゴーとは、リールを数回転巻いて止める、巻いて止めるの繰り返しでルアーをアクションさせる使い方です。
止めた時や動き出しの時にバイトが出ることが多いです。
止める時間、巻く回数は適宜決めます。
巻く回数が多ければ、進む距離が長くなり、巻く回数が少なければ、進む距離は短くなります。
フローティングタイプであれば、止めた時に浮いてきます。
サスペンドタイプであれば、止めた時に水中で止まります。
シンキングタイプであれば、止めた時に沈みます。

CB-50のインプレッション

特徴的な「ストリーム・ホール」の影響なのか、クランクベイトの中では引き抵抗が弱いと感じます。

シャローエリアの攻略が得意で、量は多いが控えめなラトル音と小さなボディサイズなので野池で使いたくなるルアーです。

中古で探すときのポイント

CB-50腹部

中古で探すときは、ルアーの腹部を確認してください。
画像のようにルアー名がプリントされています。
リップの穴も大きな特徴なので参考にしてください。

中古ルアーを買った際に、オススメの交換フック

メーカー公式サイト

タイトルとURLをコピーしました