ハードルアー(プラグ)ルアー紹介クランクベイト

マクベス50/SHIMANO(シマノ)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、SHIMANO(シマノ)のマクベス50のスペックや使い方、インプレッションを紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

マクベス50

マクベス50は、SHIMANO(シマノ)より発売されていた「クランクベイト」です。

現在は、HPから消えているため廃盤だと思われます。
中古でしか入手できないのが非常に残念です。

マクベス50のスペック

メーカー

メーカーは、SHIMANO(シマノ)です。

他のSHIMANO(シマノ)のルアー紹介はこちらから

ジャンル

ジャンルは、クランクベイトです。

他のクランクベイトの紹介はこちらから

全長

全長は、50.0mmです。

重量

公式重量は、12.0g(≒1/2oz)です。

実測重量は、11.6g(誤差±0.2g)です。
※フックとスプリットリングは交換しています。

フックサイズ

公式フックサイズは、フロント(F)フックに#6、リアフック(R)に#4が搭載されています。

カラー

クローダッド(タックルベリーオリジナルカラー)

所持しているマクベス50です。
カラーの参考にしてください。

スペック表

マクベス50のスペックを以下の表にまとめてみました。

メーカージャンル全長重量(公式)重量(実測)フックサイズ
SHIMANO
(シマノ)
クランク50.0mm12.0g
≒1/2oz
11.6g
(誤差±0.2g)
F:#6
R:#4
マクベス50のスペック表

マクベス50の特徴

スラッシュエッジリップ

マクベス50には、スラッシュエッジリップが採用されています。

スラッシュエッジリップは、文字通りリップの側面だけを薄く加工されたリップです。
これによって、水掴みの良さと強度が両立したリップとなっています。

フックアイ一体成型形ウェイト(オーズウェイト)搭載

マクベス50には、フックアイ一体成型形ウェイト(オーズウェイト)搭載されています。

これによって、内部のウェイトルームを空洞のまま大きく確保することができるので浮力UPにも繋がっていると思われます。

さらに、フロントフックアイとウェイトが一体となっている構造は、バグリーなどのクランクベイトにみられる特徴です。

開発に携わっている、イヨケンさんらしさが伺える部分だと思います。

マクベス50の使い方

マクベス50は、ステディリトリーブ(ただ巻き)やストップ&ゴーがオススメです。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方のことです。

巻いている中のどこかでバイトが得られます。

マクベス50であれば、設定された水深を泳いできます。

ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
・ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
・ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
・スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

ストップ&ゴー

ストップ&ゴーとは、リールを数回転巻いて止める、巻いて止めるの繰り返しでルアーをアクションさせる使い方のことです。

止めた時や動き出しの時にバイトが出ることが多いです。

巻く回数が多ければ、進む距離が長くなり、巻く回数が少なければ、進む距離は短くなります。
止める時間、巻く回数は適宜決めます。

マクベス50であれば、止めた時に浮いてきます。

マクベス50のインプレッション

障害物に接触しても、すぐに姿勢を回復して泳ぎだしてくれます。

ボディサイズに対して大き目なリップのおかげか、障害物回避能力も高いです。

なぜか安売りされている印象があります。
もし安くなっているところを見かけたら購入してみてはいかがでしょうか?

中古で探すときのポイント

中古で探すときは、ルアーの背部を確認してください。
ルアー名がプリントされています。

中古ルアーを買った際に、オススメの交換フック

小野俊郎氏の記事

タイトルとURLをコピーしました