ハードルアー(プラグ)ルアー紹介ビッグベイト

スライドスイマー145SS/deps(デプス)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、deps(デプス)のスライドスイマー145SSのスペックや使い方、インプレッションを紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

スライドスイマー145SS

スライドスイマー145SSは、deps(デプス)より発売されている「ビッグベイト」です。

サイズ違いで、250、175、115もラインナップされています。

スライドスイマー145SSのスペック

メーカー

メーカーは、deps(デプス)です。

他のdeps(デプス)のルアー紹介はこちらから

ジャンル

ジャンルは、ビッグベイトです。

他のビッグベイトの紹介はこちらから

全長

全長は、145mmです。

重量

公式重量は、51.0g(≒1.8oz)です。

実測重量は、48.4g(誤差±0.2g)です。
※フックとスプリットリングは交換しています。

フックサイズ

公式フックサイズは、フロント(F)フックに#3、リアフック(R)に#3が搭載されています。

カラー

#01フラッシュカープ

所持しているスライドスイマー145SSです。
カラーの参考にしてください。

スペック表

スライドスイマー145SSのスペックを以下の表にまとめてみました。

メーカージャンル全長公式重量実測重量フックサイズ
デプスビッグベイト145mm51.0g
(≒1.8oz)
48.4g
(誤差±0.2g)
F:#3
R:#3
スライドスイマー145SSのスペック表

スライドスイマー145SSの特徴

ソフトシェルを纏ったルアー

スライドスイマー145SSは、ルアーの中でも珍しいソフトシェルを纏ったルアーです。

このソフトシェルによって、連結部の接触音を軽減しています。

さらに、意図的にボディよりも少しはみ出したソフトシェル反発することで、連結部の動きに2次的なアクションをもたらしています。

スプリングウェイトマイクロバイブシステム搭載

引用元:https://www.depsweb.co.jp/product/new-slideswimmer/

ボディ内部に搭載された「重り付きバネ」が動くことで、微振動と打刻音を発生させます。

スライドスイマー145SSの使い方

スライドスイマー145SSは、ステディリトリーブ(ただ巻き)やトゥイッチングがオススメです。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方のことです。

巻いている中のどこかでバイトが得られます。

スライドスイマー145SSであれば、沈める時間によって任意のレンジを泳がせることができます。

ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
・ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
・ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
・スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

トゥイッチング

トゥイッチングとは、ロッドを軽く動かして、ルアーを左右に飛ばすようなイレギュラーなアクションをさせる使い方のことです。

ロッドでアクションした時に出る糸ふけを、適度にリーリングで回収すると連続でトゥイッチングが可能です。アクションの回数は、適宜決めます。

止めた時や動き出しの時にバイトが出ることが多いです。

スライドスイマー145SSであれば、左右に飛んだ後に止めると沈みます。

スライドスイマー145SSのインプレッション

デプスとビッグベイトへの先入観で、ガチャガチャ動いて、とにかくアピールするルアーだと思って投げたらビックリ!
アクションも音もめちゃくちゃナチュラルです。

ここぞで入れたいトゥイッチにも機敏に反応してくれるイメージです。

個人的には、ビッグベイトへのイメージを変えてくれたルアーです。

中古で探すときのポイント

中古で探すときは、ルアーの腹部を確認してください。
ルアー名がプリントされています。

中古ルアーを買った際に、オススメの交換フック

メーカー公式ページ

タイトルとURLをコピーしました