ハードルアー(プラグ)ルアー紹介ミノー

アメミノー48MR/一誠(issei)海太郎【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、一誠(issei)海太郎のアメミノー48MRのスペックや使い方、インプレッションを紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

アメミノー48MR

アメミノー48MRは、一誠(issei)海太郎より2022年12月7日から発売されている「ミノー」です。

アメミノー48MRは、SF(スローフローティング)モデルとSS(スローシンキング)モデルが存在しています。

アメミノー48MRは、アジ・メバル攻略マイクロミノーとして発売されていますが、バスにも使えます。
バスの場合は、SF(スローフローティング)モデルが使いやすいと思います。

アメミノー48MR/SF(スローフローティング)

メーカー

メーカーは、一誠(issei)海太郎です。

他の一誠(issei)のルアー紹介はこちらから

ジャンル

ジャンルは、ミノーです。

他のミノーの紹介はこちらから

モデル

アメミノー48MRは、SF(スローフローティング)モデルとSS(スローシンキング)モデルが存在しています。

全長

全長は、48.0mmです。

重量

SF(スローフローティング)モデル

公式重量は、2.3g(≒1/13oz)です。

実測重量は、2.7g(誤差±0.2g)です。
※フックとスプリットリングは交換しています。

SS(スローシンキング)モデル

公式重量は、2.7g(≒3/32oz)です。

フックサイズ

公式フックサイズは、フロント(F)フックに#16、リアフック(R)に#16が搭載されています。

カラー

#002 グローバック

所持しているアメミノー48MRです。
カラーの参考にしてください。

スペック表

SF(スローフローティング)モデル

アメミノー48MR/SFのスペックを以下の表にまとめてみました。

メーカージャンル全長重量(公式)重量(実測)フックサイズ
一誠ミノー48.0mm2.3g
(≒1/13oz)
2.7g
(誤差±0.2g)
F:#16
R:#16
アメミノー48MR/SFのスペック表

SS(スローシンキング)モデル

アメミノー48MR/SSのスペックを以下の表にまとめてみました。

メーカージャンル全長重量(公式)重量(実測)フックサイズ
一誠ミノー48.0mm2.7g
(≒3/32oz)
不明F:#16
R:#16
アメミノー48MR/SSのスペック表

アメミノー48MRの特徴

ハイピッチタイトウォブリングアクション

アメミノー48MRの使い方

アメミノー48MRは、ステディリトリーブ(ただ巻き)やトゥイッチングがオススメです。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方のことです。

巻いている中のどこかでバイトが得られます。

アメミノー48MR/SFであれば、設定された水深を泳いできます。
アメミノー48MR/SSであれば、沈める時間によって任意のレンジを泳がせることができます。

ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
・ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
・ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
・スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

アメミノー48MRは、ミディアム〜ファストリトリーブを得意としています。

トゥイッチング

トゥイッチングとは、ロッドを軽く動かして、ルアーを左右に飛ばすようなイレギュラーなアクションをさせる使い方のことです。

ロッドでアクションした時に出る糸ふけを、適度にリーリングで回収すると連続でトゥイッチングが可能です。アクションの回数は、適宜決めます。

止めた時や動き出しの時にバイトが出ることが多いです。

アメミノー48MR/SFであれば、左右に飛んだ後に止めると浮いてきます。
アメミノー48MR/SSであれば、左右に飛んだ後に止めると沈みます。

アメミノー48MRのインプレッション

個人的に、50mm前後の小型ミノーを使った釣りがとても好きで、ベビーミノーハンプバックミノーをメインで使っていました。
しかし、釣具屋さんで見かけることはほぼ無く、中古でも頻繁には見かけないのが悩みでした。

そんな50mmミノー枠として使い始めたのが、アメミノー48MRです。
ステディリトリーブ(ただ巻き)やトゥイッチングでとても使いやすく満足しています
しかも、釣具屋さんで頻繁に見かけますし、値段も1000円前後で手に取りやすいです。

欲を言うと、SP(サスペンド)モデルやノーマルのF(フローティング)モデルで、カラーもバス用にしたモデルが出たら嬉しいです。

中古で探すときのポイント

中古で探すときは、ルアーの背部を確認してください。
ルアー名がプリントされています。

中古ルアーを買った際にオススメの交換フック

汚れたルアーを綺麗に復活させる方法

メーカー公式ページ

タイトルとURLをコピーしました