ハードルアー(プラグ)ルアー紹介クローラーベイト

フラップクリッカー/JACKALL(ジャッカル)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、JACKALL(ジャッカル)のフラップクリッカーのスペックや使い方、インプレッションを紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

フラップクリッカー

フラップクリッカーは、JACKALL(ジャッカル)より発売されていた「クローラーベイト」です。

現在は、HPから消えているため廃盤だと思われます。
中古でしか入手できないのが非常に残念です。

フラップクリッカーのスペック

メーカー

メーカーは、JACKALL(ジャッカル)です。

他のJACKALL(ジャッカル)のルアー紹介はこちらから

ジャンル

ジャンルは、クローラーベイトです。

他のクローラーベイトの紹介はこちらから

全長

全長は、90.0mmです。

重量

公式重量は、不明です。

実測重量は、46.6g(誤差±0.2g)です。
※フックとスプリットリングは交換しています。

フックサイズ

公式フックサイズは、不明です。

カラー

レッドフロッグ

所持しているフラップクリッカーです。
カラーの参考にしてください。

スペック表

フラップクリッカーのスペックを以下の表にまとめてみました。

メーカージャンル全長重量(公式)重量(実測)フックサイズ
ジャッカルクローラー90.0mm不明46.6g
(誤差±0.2g)
不明
フラップクリッカーのスペック表

フラップクリッカーの特徴

サイズ感

RAID JAPANのダッヂシリーズやIMAKATSUのアベンタシリーズなどの影響によって、ビッグクローラーベイトが一般にも浸透したことで、このサイズ感のクローラーベイトが当たり前になっていると思います。

しかし、フラップクリッカーが発売された2000年前半ではかなりのインパクトだったと思います。

当時からビッグクローラーベイトの威力を見抜いて、着手したジャッカルの仕事の速さと先見の明は流石だと思います。

フラップクリッカーの使い方

フラップクリッカーは、ステディリトリーブ(ただ巻き)がオススメです。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方のことです。

巻いている中のどこかでバイトが得られます。

フラップクリッカーであれば、水面を泳いできます。

ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
・ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
・ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
・スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

フラップクリッカーのインプレッション

ギミックやアクションなど、特に大きな特徴のないルアーです。

しかし、販売当時のことを考えると、サイズ感だけでかなりのインパクトだったと想像できます。
そのため、サイズ感がだけでも十分な特徴といえたのではないかと思います。

中古で探すときのポイント

ルアーにメーカーや機種名などのプリントはありません。
見た目だけでの判断になると思います。

中古ルアーを買った際にオススメの交換フック

汚れたルアーを綺麗に復活させる方法

ビッグクローラーベイトの歴史が知りたい方はこちらがオススメ

タイトルとURLをコピーしました