ハードルアー(プラグ)ルアー紹介バイブレーション

LV-100/Lucky Craft(ラッキークラフト)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、ラッキークラフトのLV-100を紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

LV-100

LV-100本体

LV-100は、1999年1月からラッキークラフトより発売されている「バイブレーションプラグ」です。

LV-100のスペック

ジャンル

ジャンルは「バイブレーション」です。

全長

全長は65mmです。

重量

重量は12.5g(公式情報)です。
実測では12.7gです。

フックサイズ

フックサイズは前後とも#6が標準で搭載されています。

スペック表

LV-100の基本スペックを以下の表にまとめてみました。

ジャンル全長重量(公式)重量(実測)フックサイズ
バイブレーション65mm12.5g12.7g前後:#6
LV-100のスペック表

LV-100の特徴

ターゲットレンジ

LV-100のターゲットレンジは、水深1m前後です。
バイブレーションプラグで、このレンジに設定されているものは少ないと思います。

背びれ

LV-100背びれ

背びれは、LV-100の最大の特徴だと思います。
見た目のインパクトがかなり強い背びれですが、リトリーブ時に浮力を生み出すという大役を担っています。
さらに、背びれが水を激しくかき混ぜることで、ローリングしながら頭を中心にテールを激しく振るという独特のアクションも起こします。

余談ですが、背びれの効果は、実験水槽で偶然発見されたようです。
実験によると、背びれのサイズや形状によって与える浮力やバイブレーションの振動数、振幅などが大きく変化したそうです。
ヒレを削ったり、大きくするチューニングを行うことで、アクションに変化をもたらすことができると思います。

伊藤巧氏も信頼するルアー

世界で活躍中の伊藤巧さんも信頼するルアーとして紹介しています。

LV-100の使い方

LV-100は、ステディリトリーブ(ただ巻き)やリフト&フォールがオススメです。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方です。
巻いている中のどこかでバイトが得られます。
着水後に浮いていて、巻くと潜るタイプのルアーであれば、ルアーの設定された水深を泳いできます。
着水後に沈んでいくタイプのルアーは、沈める時間によって任意のレンジを泳がせることができます。
ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

リフト&フォール

リフト&フォールとは、リフト=ロッドで上方向に持ち上げる、フォール=持ち上げたものを落とすことでルアーをアクションをさせる使い方です。
リフトの幅は適宜決めます。
フォールが必要なので、シンキングタイプでのみ可能なアクションです。

LV-100のインプレッション

スペックが一般的なバイブレーションプラグと変わらないので、飛距離などは普通だと感じます。

しかし、1mレンジを攻略するバイブレーションプラグはなかなかありません。
それだけでも1個はボックスに忍ばせておきたいルアーです。

中古で探すときのポイント

LV-100腹部

中古で探すときは、ルアーの腹部を確認してください。
画像のようにルアー名がプリントされています。
背びれがかなり特徴的なので、腹部を確認する必要はないかもしれません。

中古ルアーを買った際に、オススメの交換フック

メーカー公式ページ

タイトルとURLをコピーしました