ハードルアー(プラグ)ルアー紹介バイブレーション

LV-300R/Lucky Craft(ラッキークラフト)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、ラッキークラフトのLV-300Rを紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

LV-300R

LV-300R本体

LV-300Nは、1999年8月からラッキークラフトより発売された「バイブレーションプラグ」です。
LVシリーズでは、LV-300のみRモデル(ラトルイン)とNモデル(ノンラトル)が存在します。
現在は、HPから消えているので廃盤の可能性があります。

LV-300Rのスペック

ジャンル

ジャンルは「バイブレーション」です。

全長

全長は69mmです。

重量

重量は21.5g(公式情報)です。
実測では21.2gです。
※フックとスプリットリングは交換しています。

フックサイズ

フックは前が#4、後ろは#6が標準で搭載されています。

スペック表

LV-300Rのスペックを以下の表にまとめてみました。

ジャンル全長重量(公式)重量(実測)フックサイズ
バイブレーション69mm21.5g21.2g前:#4、後:#6
LV-300Rのスペック表

LV-300Rの特徴

R(ラトルイン)とN(ノンラトル)

LV-300は、シリーズ中で唯一ラトルの有無でラインナップが存在します。
Rがラトルインタイプ、Nがノンラトルタイプです。

併用で力を発揮する

LV-300R、NとLV-200、LV-500というそれぞれ特徴の異なるルアーと併用することでより多くの反応の違いを探ることができます。

LV-200の場合

普段よりもゆっくりと巻くことで、深めのLV-300のレンジにアプローチします。
それによって、LV-300には無いエコープレートによるサウンドとフラッシング、リトリーブスピードの違いでアピールして反応を探ります。

LV-300Nの場合

LV-300Rと同じリトリーブスピードでアプローチします。
サイズ感、リトリーブスピードは同じままでラトルの有無による反応の違いを探ることができます。

LV-500の場合

普段よりも早く巻くことで、浅めのLV-300のレンジにアプローチします。
それによって、LV-300とは違った低音サウンドとリトリーブスピードの違いでアピールして反応を探ります。

LV-300Rの使い方

LV-300Rは、ステディリトリーブ(ただ巻き)やリフト&フォールがオススメです。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方です。
巻いている中のどこかでバイトが得られます。
着水後に浮いていて、巻くと潜るタイプのルアーであれば、ルアーの設定された水深を泳いできます。
着水後に沈んでいくタイプのルアーは、沈める時間によって任意のレンジを泳がせることができます。
ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

リフト&フォール

リフト&フォールとは、リフト=ロッドで上方向に持ち上げる、フォール=持ち上げたものを落とすことでルアーをアクションをさせる使い方です。
リフトの幅は適宜決めます。
フォールが必要なので、シンキングタイプでのみ可能なアクションです。

LV-300Rのインプレッション

LVシリーズ中では、一番癖のないルアーだと思います。そこが逆に使いやすいです。
中古でしか手に入りませんが、そこそこ弾数があるのでロストを恐れず使用できます。

中古で探すときのポイント

LV-300R腹部

中古で探すときは、ルアーの腹部を確認してください。
「LV-300R」とプリントされています。

中古ルアーを買った際に、オススメの交換フック

メーカー公式ページ

タイトルとURLをコピーしました