ハードルアー(プラグ)ルアー紹介バイブレーション

LV RTO-150/Lucky Craft(ラッキークラフト)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、ラッキークラフトのLV RTO-150を紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

LV RTO-150

LV RTO-150本体

LV RTO-150は、ラッキークラフトから発売されている「バイブレーション」です。

LV RTO-150のスペック

ジャンル

ジャンルは「バイブレーション」です。

全長

全長は60mmです。

重量

重量は17.0g(公式情報)です。
実測では16.3gです。
※フックとスプリットリングは交換しています。

フックサイズ

フックは前後とも#4が標準で搭載されています。

スペック表

LV RTO-150のスペックを以下の表にまとめてみました。

ジャンル全長重量(公式)重量(実測)フックサイズ
バイブレーション65mm17g16.3g前後:#4
LV RTO-150のスペック表

LV RTO-150の特徴

シミーフォール

バイブレーションプラグが水中を落ちていくときに起こるアクションのことです。
ユラユラと、木の葉が舞い落ちるように揺れながらフォールしていく姿は、他のルアーではあまりできないアクションです。
多くのバイブレーションには、ラトルが搭載されているので、この揺れによってラトル音も発生します。

LV RTO-150の使い方

LV RTO-150は、ステディリトリーブ(ただ巻き)やリフト&フォールがオススメです。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方です。
巻いている中のどこかでバイトが得られます。
着水後に浮いていて、巻くと潜るタイプのルアーであれば、ルアーの設定された水深を泳いできます。
着水後に沈んでいくタイプのルアーは、沈める時間によって任意のレンジを泳がせることができます。
ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

リフト&フォール

リフト&フォールとは、リフト=ロッドで上方向に持ち上げる、フォール=持ち上げたものを落とすことでルアーをアクションをさせる使い方です。
リフトの幅は適宜決めます。
フォールが必要なので、シンキングタイプでのみ可能なアクションです。

LV RTO-150のインプレッション

なかなか見かけないルアーです。
大森貴洋プロ監修ということもあり、巻いて良し、落としてよしの守備範囲の広いルアーだと思います。

中古で探すときのポイント

LV RTO-150腹部

中古で探すときは、ルアーの腹部を確認してください。
「LV RTO-150」とプリントされています。

中古ルアーを買った際に、オススメの交換フック

メーカー公式ページ

タイトルとURLをコピーしました