ハードルアー(プラグ)ルアー紹介ミノー

スリップミノー60SP/常吉(つねきち)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、常吉のスリップミノー60SPを紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

スリップミノー60SP

スリップミノー60SPは、常吉(つねきち)から発売されていた「ミノー」です。

現在は、メーカー自体が閉鎖しているため、廃盤になっています。
中古でしか入手できないのが非常に残念です。

スリップミノー60SPのスペック

ジャンル

ジャンルは「ミノー」です。

全長

全長は60mmです。

重量

重量は4.8g(公式情報)です。
実測では4.7gです。
※フックとスプリットリングは交換しています。

フックサイズ

公式情報は不明です。
個人的には、前後#10を使用しています。

スペック表

スリップミノー60SPのスペックを以下の表にまとめてみました。

ジャンル全長重量(公式)重量(実測) フックサイズ
ミノー60mm4.8g4.7g不明
スリップミノー60SPのスペック表

スリップミノー60SPの特徴

冬の霞ケ浦がきっかけのルアー

スリップミノー60SPは、冬の霞ヶ浦水系攻略をきっかけに開発されたスモールプラグです。
冬のプラッギングで有効とされるトリッキーなタイトウォブルアクションと飛距離を60mmのボディに詰め込まれています。
冬だけでなく、活性の低いシチュエーションにおいてもバスをその気にさせるルアーです。

スリップミノー60SPの使い方

スリップミノー60SPは、ステディリトリーブ(ただ巻き)やトゥイッチングがオススメです。

ファストリトリーブやトゥイッチングが持ち前のレスポンスの良さを活かせると思います。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方です。
巻いている中のどこかでバイトが得られます。
着水後に浮いていて、巻くと潜るタイプのルアーであれば、ルアーの設定された水深を泳いできます。
着水後に沈んでいくタイプのルアーは、沈める時間によって任意のレンジを泳がせることができます。
ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

ストップ&ゴー

ストップ&ゴーとは、リールを数回転巻いて止める、巻いて止めるの繰り返しでルアーをアクションさせる使い方です。
止めた時や動き出しの時にバイトが出ることが多いです。
止める時間、巻く回数は適宜決めます。
巻く回数が多ければ、進む距離が長くなり、巻く回数が少なければ、進む距離は短くなります。
フローティングタイプであれば、止めた時に浮いてきます。
サスペンドタイプであれば、止めた時に水中で止まります。
シンキングタイプであれば、止めた時に沈みます。

トゥイッチング

トゥイッチングとは、ロッドを軽く動かして、ルアーを左右に飛ばすようなイレギュラーなアクションをさせる使い方です。
ロッドでアクションした時に出る糸ふけを、適度にリーリングで回収すると連続でトゥイッチングが可能です。
止めた時や動き出しの時にバイトが出ることが多いです。
アクションの回数は、適宜決めます。
フローティングタイプであれば、左右に飛んだ後に止めると浮いてきます。
サスペンドタイプであれば、左右に飛んだ後に止めると水中で止まります。
シンキングタイプであれば、左右に飛んだ後に止めると沈みます。

スリップミノー60SPのインプレッション

ミノーが好きで、使用頻度が高いのですが、足場が高いところなどではもう少し潜ってほしいなという場面があります。
そんなときは、スリップミノー60SPを使います。
しかし、廃盤なのであまり攻められないのがネックです。

中古で探すときのポイント

中古で探すときは、ルアーの腹部(側面)を確認してください。
非常に見にくいですが、ルアー名がプリントされています。
ただし、常吉のルアーは塗装の状態が悪い個体が多い気がします。
もしかしたら、プリントが消えているかもしれません。

中古ルアーを買った際に、オススメの交換フック

メーカー公式ページ

タイトルとURLをコピーしました