ハードルアー(プラグ)ルアー紹介バイブレーション

G.C.マイクロザリバイブ40/一誠(issei)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、一誠(issei)のG.C.マイクロザリバイブ40のスペックや使い方、インプレッションを紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

G.C.マイクロザリバイブ40

G.C.マイクロザリバイブ40は、2023年9月23日から一誠(issei)より発売となった「バイブレーション」です。

G.C.マイクロザリバイブ40のスペック

メーカー

メーカーは、一誠(issei)です。

他の一誠(issei)のルアー紹介はこちらから

ジャンル

ジャンルは、バイブレーションです。

他のジャンルの紹介はこちらから

全長

全長は、40.0mmです。

重量

公式重量は、7.0g(≒1/4oz)です。

実測重量は、6.85g(誤差±0.2g)です。
※フックとスプリットリングは交換しています。

フックサイズ

公式フックサイズは、フロント(F)フックに#12、リアフック(R)に#14が搭載されています。

カラー

#45 レスカ
#68 幻惑ピンク

所持しているG.C.マイクロザリバイブ40です。
カラーの参考にしてください。

スペック表

G.C.マイクロザリバイブ40のスペックを以下の表にまとめてみました。

メーカージャンル全長公式重量実測重量フックサイズ
一誠バイブレーション40.0mm7.0g
≒1/4oz
6.85g
(誤差±0.2g)
F:#12
R:#14
G.C.マイクロザリバイブ40のスペック表ー名のスペック表

G.C.マイクロザリバイブ40の特徴

40mmボディなのに!

G.C.マイクロザリバイブ40は、40mmというボディサイズが最大の特徴だと思います。
小型化しても、ザリバイブだと分かる細かな凹凸や手に伝わるアクションなどは健在です。

G.C.マイクロザリバイブ40の使い方

G.C.マイクロザリバイブ40は、ステディリトリーブ(ただ巻き)やリフト&フォールがオススメです。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方のことです。

巻いている中のどこかでバイトが得られます。

G.C.マイクロザリバイブ40であれば、沈める時間によって任意のレンジを泳がせることができます。

ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
・ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
・ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
・スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

リフト&フォール

リフト&フォールとは、リフト=ロッドで上方向に持ち上げる、フォール=持ち上げたものを落とすことでルアーをアクションをさせる使い方のことです。

リフトの幅は適宜決めます。

G.C.マイクロザリバイブ40は、シミーフォールするので落下中もアピール可能です。

G.C.マイクロザリバイブ40のインプレッション

小型化しても、ザリバイブらしい細かな作りこみが健在です。
アクションもこのサイズでしっかりと手元まで伝わってきます。

今まで小型バイブのレギュラーだったベビーバイブが45mmで6gなのに対して、マイクロザリバイブは40mmで7gあるので断然投げやすいです。
完全に私の中での小型バイブレーションポジションを奪いました。

中古で探すときのポイント

中古で探すときは、ルアーの腹部を確認してください。
ルアー名がプリントされています。

中古ルアーを買った際に、オススメの交換フック

メーカー公式ページ

タイトルとURLをコピーしました