ハードルアー(プラグ)ルアー紹介ウェイクベイト

ミニバド/CORMORAN(コーモラン)【使い方&インプレッション】

ハードルアー(プラグ)

この記事では、CORMORAN(コーモラン)のミニバドを紹介しています。

購入を検討されている方や使ったことのない方の参考になれば幸いです。

ミニバド

ミニバドは、CORMORAN(コーモラン)から発売されていた「ウェイクベイト」です。

HPには載っていないので、廃盤だと思われます。
ただし、上州屋さんで新品と遭遇することがあるので真偽は分かりません。

見た目からお分かりいただける通り、へドンのビッグバドをコピーして小さくしたのだと思います。

↓なぜかアダルト商品になっています。18歳以下は本家を使いましょうということでしょうか。

ミニバドのスペック

ジャンル

ジャンルは「ウェイクベイト」です。

全長

全長は50mmです。(リップ部分を含まない)
リップを含めると約60mmです。

重量

重量の公式情報は不明です。
実測では7.6gです。
※フックとスプリットリングは交換しています。

フックサイズ

公式では前後とも#8が搭載されています。

スペック表

ミニバドのスペックを以下の表にまとめてみました。

ジャンル全長重量(公式)重量(実測) フックサイズ
ウェイクベイト約60mm不明7.6g前後:#8
ミニバドのスペック表

ミニバドの特徴

本家にないサイズ

ミニバドは、本家のラインナップにないサイズ感のルアーです。
本家と比較してみました。

リップを含めないボディ長は、70mmが50mmにダウンサイジング。
リップを含めると、90mmが60mmにダウンサイジングしています。

ミニバドの使い方

ミニバドは、ステディリトリーブ(ただ巻き)がオススメです。

スローリトリーブで引き波をおこしながら、ブレードサウンドでアピールする使い方がスタンダードだと思います。

本家より引き抵抗が小さいので、クランクベイトのように潜らせて使うことも容易です。

ステディリトリーブ(ただ巻き)

ステディリトリーブとは、リールを一定のスピードで巻き続けることでルアーをアクションさせる使い方です。
巻いている中のどこかでバイトが得られます。
着水後に浮いていて、巻くと潜るタイプのルアーであれば、ルアーの設定された水深を泳いできます。
着水後に沈んでいくタイプのルアーは、沈める時間によって任意のレンジを泳がせることができます。
ステディリトリーブ(ただ巻き)は、巻くスピードによって呼び方が変わります。
ファストリトリーブ=早巻き(ミディアムリトリーブより早い)
ミディアムリトリーブ=普通巻き(1秒に1回転程度)
スローリトリーブ=ゆっくり巻く(ミディアムリトリーブより遅い)

ミニバドのインプレッション

釣具屋さんで見かけた時は、2度見しました。
パッケージには「Mini Bad」と記載されていたり、そもそもコピーしていますし、それをサイズ変更してオリジナル感を出している所などツッコミどころが多いルアーです。

しかし、ただ見た目を小さくしただけなのでアクションや使い心地などは本家と異なります。
このサイズで本家に近い引き重りやサウンドを再現していたらすごかったんですが・・・。

ただ、これはこれで潜らせる使い方がしやすいなどの個性も存在するので面白いルアーだと思います。

中古で探すときのポイント

中古で探すときは、手掛かりが無いので見た目だけの判断になります。

中古ルアーを買った際に、オススメの交換フック

メーカー公式ページ

タイトルとURLをコピーしました